• TOP
  • 機能紹介

インポート機能

協力会社から提出されるExcel形式の見積ファイルを楽王3にインポートします。楽王3では、インポートした協力会社の見積形式を学習し、インポートするたびに操作工数が最小化されていきます。

自動引き当て機能

見積データをインポートした直後は、協力会社の材料データが入力されていますので、対応する自社材料を引き当て、材料データを置き換えます。
楽王3は、インポートされた協力会社の材料データと自社材料データの類似性や、過去の引き当て結果の規則性や統計情報を分析し、最適な自社材料の候補を表示します。

複数物件操作機能

複数物件を同時に開き、過去の物件にて作成した内訳明細や使用した材料をドラッグ&ドロップにより、コピーすることが可能です。
上記の機能を活用することにより、複数物件の統合も可能です。